クライミングはオリンピックや大会などで成績を競う「競技スポーツ」としての側面もありますが、個々のペースで取り組む「生涯スポーツ」としての側面もあります。

チームスポーツや対人スポーツは学生の頃から続けている人も多く大人の初心者が始めるにはハードルが高く感じてしまうこともあり、大人になってから始められるスポーツはどうしても選択肢が少なくなってしまいます。

クライミング、特に室内ボルダリングはその選択肢の一つになり得るスポーツです。

第一に、自分の都合のいい時にジムが開いていれば天候関係なく一人でできるという気軽さ。趣味で続けるのには他の人と上手さや強さを比較する必要もなく、自分の立てた目標に向かってマイペースに打ち込む楽しみ方ができます。難易度の低い課題をひたすら登ろう、まだ登れていない課題を一手でも先に行こう、など目標は何でも自分次第です。

40代・50代で始めるのは遅くないはず

当ジムに来られる中心年齢層は20~30歳代。体力も筋力もあり、メキメキ上達されて羨ましい限りです。
でも、40代・50代の「年齢だけ」を理由に諦めてしまうのはもったいない。「やりたい」と思えば全然遅くないと思うのです。子育ても一段落し自分の時間も増えてくる年代ですし、「健康維持のために何かを始めたい」という方も増えてくる年代です。
若い人や昔から継続している人と比べてしまったら苦しい部分はあるかもしれませんが、ボルダリングは他人と比べる必要のないスポーツです。比べるのは「少し前の自分」だけ!
忙しかったら休めばいいし、打ち込みたかったら打ち込めばいい。すべて自分次第です。
M’sCaveTRUNKでも、50代で始められた方も多くあります。ご夫婦で一緒に始めて続けておられる方も。
オーナーである私たち夫婦も50代。ぜひ気兼ねなく一度ドアを開けてみてください。

もちろん年齢に比例して骨密度や筋力・柔軟性などは低下してきます。
命綱を着けず高所から落下することが前提のボルダリングは、ケガのリスクも上がってくる60代や70代でも誰でも大丈夫ということにはなりませんが、ずっと継続してその年齢で登っておられる方もあります。今続けておられる方はぜひその域に到達していただければ嬉しいです。

継続されている皆さんに共通しているのは、若い方・若い時と比べるのではなく「自分のペースでぼちぼち、健康のために」とおっしゃること。
どうしても若い時と比べると体力・筋力・柔軟性などどれを取っても落ちていますので、自分の体と向き合い体の声を聴いて、しっかりウォーミングアップして、ケガなく無理なくマイペースで。
そして自分の課題にじっくり向かい合い、人と比べて悲観しすぎない。
それが継続のコツかなと思います。

それと…
子どもの時に競技でやってたけど、強さを追い求めるのが辛くて辞めてしまった。
昔やっていたけれど続かなかった。
そんな方も、「自分がただ健康に楽しむためだけ」にぜひもう一度登ってみませんか?