こんばんは。

先週からいくつか新商品が入っています。
その中で、小田原屋さんの『食べるオイルシリーズ』と瀬戸内レモン農園さんの『レモスコ』をご紹介します。

 

まずは小田原屋さんの『食べるオイルシリーズ』から、今回新しく【食べる和風ごま油】が入りました。

早速生野菜のサラダに合えて食べてみましたが、美味しかったです。
ごま油の風味がめちゃくちゃ強くはないので、和風か中華風の料理なら何にでも使いやすいと思います。
基本的には油なので、それだけで使うのはちょっと罪悪感があったりもして…単品で使うのがコワかったら醤油とかめんつゆ、味噌なんかに混ぜてもおいしそう。

ちなみに『食べるオリーブオイル』と『和風バーニャカウダ』も食べてみました。

『和風バーニャカウダ』は、普通はアンチョビで作るところをしらすと塩糀を使って作ってありますので、糀の甘さを結構強めに感じます。
シリーズの他の商品と比べると味の存在感が強い感じなので、他の商品と混ぜたり煮物とかの隠し味に入れたりしてもいいかなと思いました。

『食べるオリーブオイル』と合わせてパスタにしたら美味しかったし、肉や魚料理の下味に使っても良さそう。
マヨネーズに混ぜるのも美味しそうです。

パンをあまり食べないのですが、バゲットに付けて食べたら美味しいだろうなあ~。

『食べる麻辣醤』はそんなに辛いのが得意ではない我が家では試していないのですが、買ってくださったお客様が「美味しかった!」とリピートしてくださいました。

 

それと、これも新しく入った『レモスコ』

レモンのタバスコ、です。
うちで使ってみたのは左側の水色パッケージの、青唐辛子使用の辛さがマイルドなほうですが、ほどよいピリッと感にレモンの風味が爽やかで、何にでもかけたくなりました。(野菜+食べるごま油や、カレーにもかけてみましたよ)
赤いほうは奥出雲産のハバネロを使ってあるとのことで、辛さが好きな方はこっちのほうが辛さが強いと思います。

 

ちょっと混ぜたりかけたりして味変できる調味料って、便利ですよね、ほんとに。