こんにちは。
今日は“灯り”の備えにできそうな雑貨をご紹介します。

大きな災害じゃなくても、比較的多くの人が経験する『停電』。
まずはすぐ何かしらの灯りを点けたいですよね。
とにかく初動にオススメなのは「電池タイプ」ではないでしょうか。
電池を切らさずにストックしておいて、電灯器具にもきちんと入れておく。
それさえしていれば、とりあえずの灯りは点けることができます。
「電池タイプ」「充電タイプ(USB・ソーラー)」、また「吊り型」「置き型」「手持ち型」と、何種類かのタイプを揃えておくと、安心が増すかもしれません。

 

『電池タイプ』

↑これは人気の「POST GENERAL」というブランドのランプ。
使い切りLED電球の、シェード有り・無しの2タイプです。
ひもを引っ張ってスイッチを入切します。
キャンプなどのアウトドア使用にもぴったり。
結構明るいので、とりあえず部屋に一つ吊るしておけばいざというときにすぐ点けられて安心かも。
光が大きめでそれなりに拡散するタイプなので、この灯りの下で料理をしたりご飯を食べたりもしやすいと思います。


↑ほかにも、置いて使うタイプ、懐中電灯のように使えるタイプなどなど。


↑これはスリングタイプ。
灯りはかなり弱いですが、ちょっとまわりの雰囲気が和らぐので、緊急時の子どもさんの不安感を少し和らげることができるかも。
ただこれはかなり補助的な灯りなので、もっと明るく光るタイプのものの準備は必要になります。

 

『充電タイプ』

↑USBケーブルで充電するタイプです。
かなり光量もあります。
10000mAh充電できてスマホなどにも給電できるので、一つあると重宝しそう。


↑ソーラー充電タイプ。
これは、太陽光の当たるところに設置しっぱなしというのが正解かも。
これも、これ自体で光量を確保するというより、上のスリングタイプと同じく補助的に不安軽減というような役割になると思います。


↑番外編。ランプBluetoothスピーカーです。
USBで充電するタイプ。
停電とかすると一気に電気製品から出る音が無くなって、シーンとして不安ですよね。
そこでこのランプの出番。
ほのかな灯りと音楽が不安な気持ちを和らげてくれるかも。

 

例えばこういうものを揃えておいても、しまい込んでいたり使い方を知らなければ、いざというときにはなかなか使えないものです。
いつも見えるところに置いておいて、普段から使ってみておくことが大事かもしれません。