「ボルダリングは屈強な筋肉マンじゃないとできないかも」というイメージを持っておられる方も多いかもしれませんが、実際は全然筋肉の無さそうな子どもさんや細身の女性もたくさん継続されています。むしろ筋肉は重量が重いので、ものすごくマッチョな方のほうが苦戦したりすることも。

何よりも必要なのは、「継続力」。
登れなくても諦めず、工夫をしながらコツコツ取り組み続ける力です。
ある方は「自分がやっただけの結果が確実に反映されるスポーツなのが良い」と言われました。

「筋力・腕力」は確かにボルダリングの課題解決要素の一つですが、他にも「柔軟性」「体幹」「バランス力」「観察力」「思い切りの良さ」「高さへの耐性」など様々な要素があり、各々が自分の得意な要素をいかに活かして課題を攻略していくか、その過程こそがボルダリングの大きな楽しみのひとつです。
もちろん圧倒的にフィジカルが必要な課題もありますが、常に「いかに力を使わずに登るか」という要素も含むので、「筋力が少ない=できない」ということではありません。

最初はほんの少し登っただけで腕がプルプルして体中が筋肉痛になったり、手に豆ができて痛くなったりしますが、だんだんと体の使い方が分かってきて余分な力を抜けるようになり、必要な筋肉も少しずつ付き、手の皮も少し厚く丈夫になって、体が少しずつ順応していきます。

まずは少し続けてみてください。
少しずつ登れる時間、登れる本数が増えてくると思います。


【余分な力を使わず登るために】

「足をしっかり使う!」
「手の力」を使って身体を引き上げていくのではなく、手よりも力の強い足にしっかり体重を乗せて、「足の力」を使って登ることを意識してみましょう。それだけで力が無くてもうまく登ることができたり、腕に疲労が溜まりにくくなったりします。

「登る前にはオブザベーションを!」
いきなりスタートホールドを持ってしまうと視点が課題のホールドに近く視野が狭くなり、次のホールドを探すのにも時間がかかり、ホールドにしがみついている時間が長くなってしまいます。しがみつく時間が長くなればなるほど腕はどんどんパンパンに。
そうならないために、まずは登る前にマットの外から課題全体を観察します。そのことを「オブザベーション」といいます。「スタートはあそこ、ゴールはあそこ、使えるホールドはあれとあれと…」と事前に見ておくだけで次のホールドの位置がわかり、腕の疲労の溜まり方が全然違ってきます。
慣れてくるとオブザベーションしている時点で手や足の動かし方をシュミレーションできるようになってきます。

「身体の“振り”を使おう!」
手や足の筋力だけで身体を上げていこうとするとどんどん体力を消耗するし、ホールドになかなか届かないこともでてきます。身体を振って勢いをつけることで、力を温存したまま遠いホールドに手を届かせることができます。


M’sCaveTRUNK TOPへ戻る