生涯スポーツとして

生涯スポーツとして

クライミングは大会等で成績を競う「競技スポーツ」としてよりも、個々のペースで取り組む「生涯スポーツ」として楽しまれる方の割合が圧倒的に高いです。

チームスポーツや対人スポーツは経験者相手に始めるにはハードルが高く感じがち。大人が何かスポーツを始めたいと思った時にはどうしても選択肢が少なくなりますが、クライミング、特に室内ボルダリングはその選択肢の一つになり得るスポーツです。

なにより、思い立った時にジムが開いてさえいれば天候関係なく1人でできるという気軽さ。
他の人と競う必要もなくマイペースに打ち込む楽しみ方ができ、難易度の低い課題をひたすら登ろう、まだ登れていない課題を一手でも進めよう、など目標や取り組み方は自分次第です。
継続して取り組んだ結果が自分にきちんと返ってくるのが分かりやすいことも大きな魅力。

┃40代・50代で始めるのは遅くない

40代・50代の年齢だけの理由で「できない」と思ってしまうのはもったいないことです!
子育てが一段落し自分の時間が持てたり、先々の健康のために何かを始めたいという方も増えてくる年代。若い世代と比べたらたしかに成長はゆっくりかもしれませんが、ボルダリングは他人と比べる必要のないスポーツ。比べるのは「少し前の自分」だけ!
ジムには若い人ばかりで浮くかなあ、なんて心配はまったくご無用。
当ジムでも40~50代で登り始めた方、続けておられる方は多くあります。ご夫婦で一緒に続けておられる方も。そもそもオーナーの私たち夫婦も50代ですのでご安心を。

ミドル世代の皆さんに共通しているのは、「自分のペースでぼちぼち、健康のために」とゆったりとした気持ちで続けておられること。今の自分の体と向き合い、自分の課題にじっくり取り組み、周りの人と比較して悲観しすぎないことが継続のコツかなと思います。
ぜひ気兼ねなく一度ドアを開けてみてください。

60代や70代の方が新たにボルダリングを始めるということについては、正直なところ無責任に「大丈夫です!」と言うことはできません。(初級課題数が充実していたりロープクライミングが可能なジムならまた別だと思います)
骨密度や筋力・柔軟性などが急激に低下してしまう年代。運動量が大きく安全装備無しで高所から落下することが前提のボルダリングは、大きなケガに繋がる危険性が常にあり、万が一の時にはその後のQOLを左右することもあり得ます。
ただ当ジムでも、若い頃からずっと継続してその年齢で登っておられる方もあります。今続けておられる方はぜひその域に到達していただければと思います。