Q.始めるタイミングや通う頻度は?

Q.始めるタイミング通う頻度は?

A.「始めようかな」と思った時がベストタイミング!上達には定期的に継続を。

┃始めるタイミング

始めたい時が始め時、これにつきます。
道具を揃える必要もありません。欲しくなってからゆくゆくで大丈夫。

トレーニングして筋肉や握力を鍛えてからと言われることは本当に多いのですが、意外にも✖。大きな筋肉は登るのに邪魔になってしまったり重量で登りにくくなったりと、むしろ妨げになってしまうこともあり得ます。
クライミングをすること自体がまさにトレーニング。必要な筋肉は継続的に登ることでしっかり付いてきます。クライミング選手は見た目には細身の方も多く、いわゆる細マッチョな筋肉の付き方をするようです。
握力も、クライミングはギューッと握りこむような動きをすることはほとんどなく、握力計で計れるようなクラッシュタイプの握力はほとんど必要ありません。
指先でつまむ力や保持力が必要となってきますが、それは継続して登ることで徐々に強くなってくるはずです。

季節的なこと

  • …暑くなく寒くなく湿気も少なく、ホールドも乾いていて登りやすい季節。新年度をきっかけに新しく始められる方も比較的多くなります。この時期から始めて、夏を引き締まった体で迎えられるかも。当ジム的には、4~6月に常設課題が一新され1年間常設されているので、常設課題に長期間取り組めるベストタイミングでもあります。
  • …暑い!湿気が多い!大汗をかきながら滑るホールドと格闘する一番登りにくい季節ですが、日焼けを気にせず楽しめたり、涼しくなってから夜も登れることもあるからか、意外にジムの中の人数は減らない気がします。この時期に頑張ることで登りやすい気候になった時に覚醒できるかも。
  • …再び湿気も少なく登りやすい季節が巡ってきます。食欲の秋、しっかり食べてしっかり体を動かしましょう!
  • …ホールドは乾燥していて、アップさえしっかりすればある意味登りやすい季節でもありますが、とにかく寒くてジムに来る人は少なくなるので、人が多いのはちょっと…という方には良いシーズン。また新年明けは、一念発起して新しく始められる方が比較的多くなるタイミングです。

┃通う頻度

スポーツはなんでもある程度の頻度で継続的にやってこそ上達します。
クライミングも同じく、上達や身体の変化が目的なら週に1回以上程度だと実感できると思います。継続することで身体が前回の登りやコツを覚えており、可能なら週2~3回が一番上達すると言われています。
逆に、それ以上頻度高く連続して登ることはおすすめしません。
学生時代には毎日部活に打ち込んでいた…という方も多いと思いますが、クライミングについては身体のオーバーユースで逆に登れなくなるばかりか故障に繋がることにもなりかねません。トップ選手でもきちんと「レスト」を計算に入れ、筋肉や腱を休ませながら鍛えています。
登ったらできるだけ1日以上は休む、基本的にはそんなペースを生活習慣に組み込んでしまうのが一番継続しやすいと思います。ぜひ自分の身体にベストなペースを探ってみてください。

ちなみにご利用料金は「1日会員を月に6回以上」なら月会員料金のほうがお得になります。
自動継続ではありませんので、その都度ご都合の良い会員形態でご利用いただけます。


定期的に継続して取り組み続けることで、どの段階かは個人差がありますが、やがて全員必ず簡単に攻略できない「壁」にぶち当たります。
実はその「壁」こそがボルダリングの本当の楽しさの入り口。そこからが本格始動です!
数回登ってすべての課題が登れるというのは当然不可能。また課題は定期的に更新されます。
10年、20年経っても飽きずに続けている人がたくさんいるというのは「登れない課題があるからこそ」。一つの課題に数カ月かけることもザラです。
諦めずにコツコツ取り組んでいると不思議といつか登れるようになる時が来ます。その時の「キタ!」という感覚をぜひ味わってみてください。